日本列島☆快☆速☆サイクリング

日本を舞台にサイクリングしたい。リアルタイムではなく、ほぼ覚書のようなもの(twitter@tishibuki) 途中から読む方は旅40+1日目、もしくは46日目から読むことを推奨します。

旅64日目 この世の果てにガルパンおじさん2人 part2

f:id:salts:20170731002904j:image

 

道の駅コスモール大樹〜R336〜PR34〜襟裳岬〜R336〜R335〜新ひだか町ライダーハウス

 

 

f:id:salts:20170730235935j:image

目が覚めても、隣には誰もいない。

奈良さんからの贈り物(正確には買ったのだが、これはそう受け取ってもいいと思う)を握り締めて、腑抜けた性根に気合を込める。

もう1人じゃないのだ。

 

とはいえ、帯広近辺での出会いを経て、俺が人肌恋しくなってしまったのも事実。

実は前日、Twitter上でとある人と会えるかもしれないという情報を得て、密かな期待が昨夜からあった。

 

これは黄金道路という「道と同じくらいの黄金を敷き詰められるくらい、お金のかかった道路」。

道はそれなりに広く、歩道もある。

故郷の新潟の、親不知とはえらい違いだ。

 

 

f:id:salts:20170730235955j:image

とある人、というのは同じく自転車で日本一周している方。

趣味が合いそうなので、前々から気になっていた人だ。

 

 

f:id:salts:20170731000026j:image

f:id:salts:20170731000048j:image

この辺りの海っぱたは昆布が掃いて捨てるほどに漂っている。

昆布巻き食いたくなって来た。

・・・とは言っても、海に下りて拾い食いするほどではないけど。

 

 

f:id:salts:20170731000105j:image

 噂に聞く北海道いち長いトンネルだ。

名前にセンスが無いが、いくつもある似たようなトンネルにネーミングセンスを発揮しても、あまり意味はないか。

 

トンネルの中は明るく、路面状況も悪くない。名前の通りに金のかかったトンネルなんだなと実感する。

 

f:id:salts:20170731000148j:image

黄金道路を抜けて、えりも岬へと向かう道々へ分岐する。

視界が開けて気持ちいい気もするが、こんな 標識を見せられるとゲンナリしてしまう。

 

 

 f:id:salts:20170731000240j:imagef:id:salts:20170731000308j:image

この頃、やっとこさiPhoneのカメラの光量調節を覚える。

こんなんあったのね、知らなかった。

 

萌えで町おこし・・・後ほど人づてで聞いて、ああ〜そういうのあったなあ〜と思い出す。

さらに人づてで、その萌えを前面に押し出した神社が全焼したというニュースを聞く。ああ〜それもあったなあ〜と。

 

悲しいニュースだ・・・。

絵柄は好きなだけに・・・。

 

f:id:salts:20170731001338j:imagef:id:salts:20170731001350j:image

さっそく光量調節してうんこ撮ったよ!

左がベストオブうんこやね!

 

Twitterに写真を上げたらいいねをもらった。

これに限らず北海道の風景というのは、何かしら誰かしらのファンがいる。

クマがいたり、キツネのエキノコックスなと、怖い側面もたくさんあるのに、自然、食べ物、人同士の出会いなど、人を引きつけてやまない魅力があるのが北海道の不思議なところだと思う。

 

f:id:salts:20170731001446j:image 

f:id:salts:20170731001515j:image

 ゆーても襟裳岬なんて森進一の歌でしか知らんのだけど。

さらに言うと、森進一の顔マネをするコロッケのネタでしか森進一を知らんのだけど。

例に漏れず、霧が濃くて、襟裳岬からは何も見えなかった。

 

f:id:salts:20170731001646j:image

襟裳岬から北西の日高方面へ進みしばらくすると、件のガルパンおじさんことナオユキ氏と遭遇。

Twitterで近くにいるとわかってたものの、全然すれ違わないなと思ってたらやっと会えた。

 

この方、ガールズ&パンツァーの聖地である大洗に20日間滞在して、そこからフェリーで直接苫小牧へ。

 日本一周の最中に20日も聖地巡礼・・・うらやましい・・・金と時間の使い方のバランスがおかしい気もするが・・・ま、好きなもんは好きだからしょうがない!  か。

 

しかしほんの道端で会ったにもかかわらず、その場でガルパンやヲタヲタした話で4時間も立ち話をしてしまった。と言っても、あちらがひたすら喋って俺が相槌を打つような格好だが。

 

(この人、よう喋るなあ・・・)

などとは言わんが、俺も話を聞くのは好きだし、あちらも喋るのが心底好きそうなので気持ちよく時間は過ぎていった。

この後、彼は帯広方面に、俺は反対側に行ってしまったので、コンビニか襟裳岬あたりに場所を移して話をつづければよかったなと後悔もしている。なんなら野営場まで着いて行ってもよかったかもしれない。

 

f:id:salts:20170731002501j:image

ナオユキ氏から、新ひだか町に無料のライダーハウスがあったという情報を得る。

ライダーハウスで多くの物を得た俺からすると、新たな出会いがあるかもしれないという情報は、とても嬉しいものだった。

 

f:id:salts:20170731002526j:image

しかし、時間は15時半過ぎ。新ひだか町まで約70kmだ。

北海道ではナイトランをしたくないというポリシーと、ライダーハウスに泊まりたいという気持ちが相反して、えもしれぬ焦燥感が生じていた。

 

f:id:salts:20170731002544j:image

日が暮れてくる。ヘッドライトを装着し、夜に備える。

路面状況が分かりにくいので、スピードを落とす。そんなものだから、焦りが強くなってくる。

 

f:id:salts:20170731002607j:image 

f:id:salts:20170731002641j:image

完全に日の入りの時間を過ぎて、交通量も少なくなったころ、ついに目的地へたどり着いた。

が、なんとハウスの中にいたのは同年代こ女性のライダーだった。

気まずい。タラシなら旅先だし声だけでもかけてみるべきと思うかもしれないが、俺は奥手に奥手なので、挨拶だけしてさっさと寝る準備をした。

 

 

女性のライダーも、さぞかし臭いと思っていたことだろう・・・。

 

 

 

本日の記録
走行距離:157km
出費:1172円

 

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村 ←面白かったら押してってくださいな

旅63日目 i stand alone

f:id:salts:20170728203805j:image

 俺の日本一周の中で、特に奇妙な8日間の、最終日。

 

 

f:id:salts:20170728202940j:image

奈良さんは朝から何やら作業をしている。

なんでも、ヤドカリの庭には十勝石と呼ばれる石がゴロゴロ転がっているそうな。

黒曜石とか、オブシディアンと書くと皆さんもわかるかもしれない。

f:id:salts:20170731100227p:image

そう、デステニィストーンである。

 

そのデステニィストーン(違う)の原石を削る作業だ。

 

奈良さんは異国文化や雑貨の方面に興味があるらしく、なぜか石を削る機械を携帯していた。

 

奈「こんなこともあろうかと」

こんなことって、あるのか・・・?

 

 

f:id:salts:20170728202948j:image

 どうやらできたようだ。

確かに、削り始めよりも石に光沢が出ていて、宝石としての美しさを感じる。

 

その完成した宝石を、奈良さんが買ってくれないか、と言ってきた。

譲ってくれるんじゃないんかい(密かに期待してた)

 

まあ、技術に敬意を払うという意味でも、そして何より、俺らの思い出のために、その宝石を買うことにした。

宝石は奈良さんがその場でペンダントにしてくれた。

 

f:id:salts:20170801084144j:image

 旅人は良いカメラを持っていることが多い。

旅先の良い風景を、後で見て思い出せるように、持っておくのだろうが、確かに最近、スマホのカメラじゃ物足りなく感じてきていた。俺も少し欲しくなってきた。

 

Rくんもカメラを持っていて、俺がヤドカリを去る際に、写真を撮ってくれることになった。

 

 

 

 

Rくん「行きますよー」

 

 

 

 

 

 

 

 

カシャ

f:id:salts:20170728203342j:image

(`・ω・´)......

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(´;ω;`)ブワッ

 

 

 

 

 

 

 

 

奈「どうした!?」

 

 

 

 

 

 

 

 

(´;ω;`)「だっで、な”ん”じゅ”うにぢも”ひどりだったの”に”、ごんな”ん、ざみ”じずぎる”でじょ”!!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

Rくん「カシャ」

 

 

 

 

 

 

(´;ω;`)「撮”ん”な”よ”ぉ”ぉ”お”ぉ”お”!!!」

 

 

 

 

 

 

 

Rくん「すんません」

 

 

 

 

 

 

 

この8日間のことが楽しすぎて、そしてこれから1人になることが悲しすぎて、泣いてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奈良さんが手を差し出してくる。

俺はその手をしっかり握り、奈良さんも普通に握るより強く、固く俺の手を握ってくれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その感触は、今でも俺の記憶の中に強く残っている。

 

 

 

 

 

 

 

 f:id:salts:20170728203405j:image

オーナー「蛍ぅう〜〜〜、いつでも、ヤドカリに帰ってこいよぉお〜〜」

場の雰囲気が台無しだw

でも湿っぽい空気を、和やかにしてくれた。

 

ありがとう帯広、そしてさようなら。

また来れるといいな。

 

 

 

f:id:salts:20170728203447j:image

その日、国道236号線をひた走る、涙と鼻水と汗でベチャベチャな自転車乗りが目撃されたそうだが、それはまた別の話。

 

 

f:id:salts:20170728203505j:image

さて、旅を再開することにしよう。

ひとまず南下して、襟裳岬へ行く。

 

大阪さんが「俺愛国心なかって」と言っていた愛国神社は、俺も特に強い愛国心を持っているわけでは無いのでスルー。

 

f:id:salts:20170728203527j:image

その次の駅の幸福駅
「愛の国発幸福行き」としてカップルに大人気のデートスポット٩( 'ω' )و
俺はお呼びでないね(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

 

 

男2人で訪れてる人たちがいたんだけど・・・アッー?

 

f:id:salts:20170728203620j:image

 程なくして道の駅へ到着。

24時間開放の休憩所があって、寝るのに丁度いい。

 

近くのスーパーで買い物を済ませ、腹を満たす。名古屋のおっちゃんがコーヒーをくれた。ありがとうございます。

ああ、俺の旅って、こんなんだったな、と短い期間でも旅の中にいるということを忘れさせてくれた人たちの事を、つぶさに思い出す。

 

小上がりに寝そべり、天井を見上げる。

1人で寝ることが、こんなに寂しいと思わなかった。

こんな風に感じるなら、誰とも出会わなければ良かった。

決してそんな風に思うことはないが、何もない空間を、ひどく寂しく感じるのは事実だ。

 

横になると、胸になにか硬い感触があった。

 

 

 

f:id:salts:20170728203640j:image

奈良さんのペンダントだ。

寝るのには少し邪魔だが、今日は首にかけたまま寝ることにしよう。

 

 

 

 

俺は確かに、ここに1人でいる。

だが、俺はもう1人じゃない。

 

 

 

ライダーハウスヤドカリの家〜R236〜道の駅コスモール大樹

 

本日の記録
走行距離:62km
出費:2556円

 

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村 ←面白かったら押してってくださいな

旅62日目 はしれコウタロー

f:id:salts:20170728201459j:image

帯広に来てもう5日だ。
大分で3泊4日したのを抜いて、ひとつところに滞在した最長記録になった。
帯広は素晴らしい街だよ。
こんなに楽しい街、他に無かった。
・・・本当に。

 

 

 

さて、今日は土曜日。

ばんえい競馬の開催日だ。

奈良さんはバイク、俺は自転車で帯広の競馬場へと向かう。

 

 

f:id:salts:20170728131230j:image

開場の時間を間違えて、早めに着いてしまった。

ホントはヤドカリのオーナーオススメの、競馬場内のラーメンを食べたかったが、開いてないのですぐ近くのスープカレー屋に行ってみた。

2人とも調子に乗って大辛を頼んだら、辛すぎておいしく食べれんかった。

 

f:id:salts:20170728201410j:image

奈良さんは勝つ気満々だ。俺は半々なんだけどなあ。

競馬新聞を買ってみたが、さすが世界唯一の競馬、圧倒的に開催数が少ない。

 

f:id:salts:20170728201620j:image

つまり、情報量が少ないということだ。

考えた結果、勝負はせずに楽しむことに決めた。

 

ちなみに、俺の競馬の腕前は、中央競馬で全重賞レースを単勝のみに絞って一年通しで買った結果、回収率110%だった。

まあまあだと思うんだが、どうだろうか。

 

f:id:salts:20170728201634j:image

 奈「・・・さおりんって誰?」

俺「さあ・・・(ガルパンだ・・・)」

少なくとも後藤沙緒里じゃないだろう。

まさかのガルパンおじさん協賛レースだ。

ひとり胸が高鳴っていた。

 

奈「今日も焼肉やなー」

皮算用というんだな、こういうのを。

 

f:id:salts:20170728201719j:image

 第1、第2レースはお試しだ!(外した)

 

と、いうわけで私の夢は1枠1番アアモンドファイトです。

軸に据えて、他ので保険かけます。

 

panzer vor!

 

 f:id:salts:20170728201750j:image

しかしばんえいは、世界一遅い競馬と称するだけはあるな。

観客が馬と並走していく。

スピード感はほとんど無いが、これはこれで一体感が生まれて面白い。

 

f:id:salts:20170728201938j:image

ダメでした。やだもー☆

 

結局4レースまでやったところで、雨が強くなってきたんで、帰ることにした。

結果?聞くなよ。

 

帰った後、オーナーの北の国からの話とモノマネで爆笑する。

俺、モノマネでは知ってるんだけど、実際放送で見たこと無いんだよなあ。

一周が終わったら見てみようか。

 

日本一周チャリダーのMくんから、今まで通ってきたルートを教えて欲しいと頼まれた。

Mくんは反時計回りなので、札幌までのルートが知りたいそうだ。

 

えーと、札幌から海沿いに1,2...9日で来てるから・・・

 

その場にいた皆「9日・・・!?」

 

(;´-`)ごめんね参考にならないよね。観光とかもしたいよね。俺全然そういうのしないから・・・

 

 酒を飲みつつ夜が更ける。

 

 f:id:salts:20170731043308j:image

これで帯広での目的は果たしたことになる。

つまり、帯広にいる理由が無くなったということだ。

Rくんから、明日仕事が休みだから、日曜も競馬に行きましょうと誘われた。

 

・・・いや、明日、帯広を出よう。 

 そう決めた。

旅には目的がある。そして目的には優先順位がある。俺の優先すべきは日本一周の完遂だ。

確かに君らとの日々も、捨てがたかったが・・・俺は先に進まなければならない。

 

本日の記録
走行距離:12km
出費:5423円

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村 ←面白かったら押してってくださいな

旅61日目 旅の途中

f:id:salts:20170725133426j:image

 くるりじゃなくて、狼と香辛料のほうで。

写真はヤドカリ名物ぬこのタマ。

 

 

 

 

このブログを、自己洞察のためのツールとして使っていこうと思う。

この旅を終えて、俺はこんなに成長した!頑張った!なんて書く気はないが、自分の中の何がどういう風に変わったか、今後のために残すべきだと決意した。

そうでなければ、人生の貴重な時間と金を使って遊んだだけになってしまう。

 

 

どうやら日本一周のブログで、そこまでやっている方は多くないようで、「どこどこへ行った!こんなのがあった!」という事実を記載することが多いように感じる。

日本一周チャリダーのブログなんて、今の時代は世に溢れている。

俺にしかできないことがあるとすれば、俺の辿った道のりや、人との出会い、この旅で得られた成果を、俺の頭で解釈して文章にアウトプットすること、だろう。

 

旅の残りの日数は多くないが、自分なりの考えを最後まで書ききれたらいいと思う。

 

 

 

ライダーハウスヤドカリの家〜士幌町上士幌町タウシュベツ川橋梁〜来た道を戻る〜ライダーハウスヤドカリの家

 

f:id:salts:20170725133342j:image

今日こそはタウシュベツ川橋梁をめざす。

6時にはメシを食って、いつでも出発できるようにする。

大阪さんと愛媛さんは8時頃ヤドカリを出れたらいいと言っていた。

俺も、行って帰ってきて、140km位なので、それ位に出られればいいな。

 

 

 

だってのに全然起きてこない。

ブレーキシュー交換したり、フレーム拭いたりして、もう8時半なんだけど・・・。

 

仕方ないから寝てるところに挨拶に行った。

愛媛さんは目を開けてた。大阪さんは叩き起こした。

 

(´・ω・)愛媛さん、大阪さん、いろいろありがとうございました。この何日か、すごく楽しかったです。俺は行くんで、2人ともお気をつけて。

 

奈良さんはまだ寝てた。

 

 

f:id:salts:20170725133437j:image

こんな日くらいはゆっくりしたらいいんじゃないか、とも思ったが、別れは少しくらいドライな方が、後を引きずらずに済んで良い。

 

俺には俺の旅の目的がある。

 

f:id:salts:20170725133541j:image

f:id:salts:20170725133556j:image

 R273は北海道の峠では最高地点の三国峠へと続いている。

そういえば旅立ちの日は新潟-群馬県境の三国峠を通ったんだっけか。

 

今回はそこまで行くつもりは無いが、例によって羆の出没地帯を通ることになる。

スマホも圏外となる為、一層の恐怖を感じることができる。

 

 

f:id:salts:20170725133650j:image

タウシュベツ川橋梁というのは、元は列車の線路が走っていたらしい。

だので、廃線となった過去の遺物をなぞるように少しずつ登って行く。

 

 

f:id:salts:20170725133727j:image

 そして橋がかかっている川の対岸展望台へと、向かう。

林道を通る必要があるが、クマ鈴つけた人らがいっぱいいる。

やっぱり「そう」なのか。

「そう」なんだな。

 

 

 

 f:id:salts:20170725133756j:image

見れた。

秋山さんも素晴らしい景色とおっしゃっています。

 

 

f:id:salts:20170725133852j:image

 6月下旬には川の水位が上がって橋が半分以上沈むらしいが、今年はまだそこまででは無いみたいだ。

橋の崩壊も始まっているらしいが、遠目にはそこまででは無いだろう。

橋が崩壊するなら、それはそれで自然な時間の経過を目の当たりにすることができて良いと思うが。

以前も書いたような気がするが、自然に朽ちていくものなら、それに任せたらいいと思うよ。人工物はいずれ終わりが来るものなんだから。残すにしたって、どこまで、いつまで残すつもりなんだ?未来永劫か?

 

f:id:salts:20170725134113j:image

糠平町で無料の資料館を見学する。

団体さんに指を差されたぜ。

誰かを笑わせるのが目的だから、目的達成なんだぜ。

 

f:id:salts:20170725133912j:image

へえ、こんなツアーあるのか。

なになに、

橋の近くまで行けます

マジかよ・・・。

 

まあいいか、次に来た時に申し込めばいいさ。自転車で来れるのはあそこまでだったんだから。

もし次に来て、橋が朽ちて崩れていたら、それはそうなる運命だったんだろう。

そのままの姿を楽しめばいい。

 

 

 

f:id:salts:20170725134203j:image f:id:salts:20170725134213j:image

うーん、思ったよりも早く帰ることができた。

こんなことなら、朝はもっと早く出れば良かったな。

そこらへん計画性が無いと思う。

 

再度六花亭でコーヒータイム。

有名なマルセイバターサンドをアイスにしたものと雪こんチーズ。どちらもコーヒーによく合うお味で。

 

どちらもカーチャン J( 'ー`)し には教えられないな・・・。

 

f:id:salts:20170725134552j:image

 帰ってみると、大阪さんと愛媛さんはいなかった。

それまで、そこにいたはずの人がいない。

わかってはいたが、心にぽっかりと穴が空いたようだ。

 

奈良さんはRくんらと共に繁華街へ遊びに行っているようだ。

ヤバイな。行動の基準が奈良さんありきになってる┌(┌^o^)┐ホモォ・・・

仕方ないから1人で風呂るか。

 

f:id:salts:20170725134447j:image

 帰ったら奈良さんがおかみさんのマネしてた。

つってもオッパイのマネだが。なんだオッパイのマネって。

 

 

本日の記録
走行距離:145km
出費:3287円

 

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村 ←面白かったら押してってくださいな

旅(?)60日目 彼らとの日々

f:id:salts:20170725131711j:image

 行動を共にする仲間がいるというのは良いことだ。
自分が旅の最中にいるということを忘れさせてくれる。
移動手段の違いはあっても、旅人は等しく、旅人なんだろう。

 

 

もしかしたら、旅の醍醐味というのは、こうやって偶然出会った人や場所と過ごす時間にあるのかもしれない。
ただ単に行きたいところに行って、やりたいことをやっているだけなら、それは普段の旅行と変わらない。

よく聞く「今まで出会った全ての人に感謝」という言葉は、旅に出る前の自分からしたら、よほど薄っぺらい言葉なんじゃないかと思っていた。
今ならその言葉の重みが、わかる気がする。

 

 

 

 

 

 

どうも、帯広市民のちしぶきです✌︎('ω'✌︎ )

今日も帯広に停滞

 

f:id:salts:20170725131635p:image

昨夜から降ってる雨。昼まで続くらしい。 

ちなみに今日は平日、木曜日だが、ヤドカリのバイト勢は雨なので休みになった。

 

f:id:salts:20170725131750j:image

 朝からポーカーに興じる人たち。

俺は昨日カモられたので、美味しんぼを読みながら見学する。

 

 

ポーカーの腕前

奈良>愛媛≧俺>大阪

 

大阪さんは負けを取り返すつもりらしい。

負けがこむパターンだな・・・。

 

f:id:salts:20170725131950j:image

昼から予報通り雨が止んだので、ヒロトキチのRくんご推薦の、西帯広のラーメン屋へ。

俺は唯一2人乗り可能な、大阪さんビッグスクーターに乗せてもらうことになった。

 

 f:id:salts:20170725132220j:image

バイクの2人乗りは初めてだ。

後部座席に最初は慣れなかったが、重心移動のコツを覚えてからは楽だった。

それにしてもバイクは楽でいいな・・・。俺も今度北海道来る時は、バイクにしようかなあ。

持ってないけど。

 

 

f:id:salts:20170725132338j:image

件のラーメン屋に到着。

 

f:id:salts:20170725131711j:image

味噌とんこつらーめん。博多っぽいトンコツがオモテに出てる濃厚スープ。

なにこれすげえうまい。

 

奈「Rくん、すげえ美味い」

愛「Rくん、これすごく美味いです」

俺「Rくん、すげえ美味いよ」

大「美味かったわー」

みんなしてRくんを褒め称える。

 

 

f:id:salts:20170725132359j:image

ついでにカレーセットを頼む俺。

甘口な正統派の洋食という感じ。

R「チャリダーってみんな、メッチャ食いますよね」

 

何事も腹8分目である。

 

f:id:salts:20170725132425j:image

帰ってから、大阪さん提案のアイスじゃんけんに見事負ける。

チョコミントが俺。

 

 

f:id:salts:20170725132718j:image

大俺奈

 

 また焼肉かよ!!

しかも同じ店かよ!!

 

奈良さんがこの店、いたく気に入ったみたい。

 

大「たかしくんは、あの自転車ナンボなん?」

大体8万で、ちょくちょくいじってあるんで、装備もろもろ含めて20万弱です。

 

大「自転車に注ぎ込むなあ。俺の友達、30万以上する自転車買ってんけど、そんなんよう乗れんわ」

あっ・・・俺、俺も同じくらいの持ってます。

 

大「マジか!!やるなあ・・・」

しかもホイールも、あの、20万くらいの・・・

 

ここで皆さんの目の色が変わった。

奈「なに、たかしくん給料なんぼもろてたの」

手取りピーーーー(^o^)くらいですかね・・・。ついでに昇給はピーーーー(^o^)円でした。

そんななのに、去年自転車に注ぎ込んだんで、今年は貧乏旅してます。HAHAHA

 

 

同情された。

もちろん金が無いのは自己責任なので、焼肉代は払った。

 

 

 

夜の街を歩く。

明日の朝、大阪さんと愛媛さんがそれぞれ帯広を去るそうだ。

各々、旅のこれまでと、これからと、ここ数日の話をし合った。

もう2度とこのメンバーが集まることはないだろう。

 

 

最後に、思いのたけをぶつけ合った。

 

 

 

 

そしてヤドカリへの帰り道、

 

やっぱりススキノの激安ヘルスの話になった。

そんなに30分1980円が魅力か。

魅力だな。うん。

 

 

 

俺たちの合言葉は

ススキノで会おう!

に決定した。

 

 

本日の記録
走行距離:0km
出費:5321円

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村 ←面白かったら押してってくださいな

旅(?)59日目 UNSTOIC CHARIDER

f:id:salts:20170724174006j:image

スイーツ(笑)成分多めの記事(笑)

 

 

 

出発当初からばんえい競馬には必ず行くと決めていた。

競馬が開催されるのは土・日・月曜の3日間で、この日は水曜日。

土曜まで暇を潰す必要があるが、なあに、帯広近辺では心配なさそうだ。

 

望むところだ。精一杯楽しんでやろうじゃねえか。

 

 f:id:salts:20170727203735j:image

ヤドカリにいたチャリダーは連泊中のMくんだけだった。Mくんは日本一周中だが未成年だからか話が合わない・・・。しかも自転車の整備中はバイトするんだとか。

むしろライダーの方と話が合うのはなぜなんだろうか。

 

ちなみに昨日一緒に風呂ったRくんはヒロトマーシーキチだった。

俺もヒロトTwitterのアイコンに入ってるくらい好きではあるが・・・彼は信者の域にまで達しているようなので、あまり自分から話を振らないようにしよう。

 

この日、大阪さんはバイクで適当にブラブラしてまたヤドカリへ、愛媛さんはなんとか峠方面へ行って、戻れるならまた戻って来たいと。

奈良さんは連泊はするつもりだと。

うん、またみんなでワイワイやりたいですな。

 

 

f:id:salts:20170727164750j:image

話は変わって、俺はガルパンが好きだ。

劇場版を映画館で3回見た。3回くらいなら、まだ少ない方だと思う。

 一般人からすると異常らしいが。

面白いものは何遍見ても面白いのだ。

 

というわけでガルパン劇場版で、カール自走臼砲との闘いの元ネタとなったと言われている、タウシュベツ川橋梁へ行こうと思う。

ヤドカリに荷物を置いて、帯広から北にある上士幌を目指す。

 

f:id:salts:20170727112545j:image

まずは帯広を北に、音更町に入った・・・ 

 

 f:id:salts:20170725131439j:image

はずが、やる気をなくして帯広駅まで戻ってきた。

 

こんなにやる気が出ないのは天草以来だ。

おそらく、観光したい街であるほど自転車に乗りたくなくなるのだな。

 

f:id:salts:20170724173125j:image

 そういうわけでスイーツ巡りである。

対象の店の指定のスイーツ1つを店頭で受け取れる券が4枚と、ばんえいの入場券がついてくる。

 

ちなみに1人でまわる。

 

ぼっちとか言うな。

 

 

以下スイーツ巡り

f:id:salts:20170724173203j:image

 クランベリー本店

f:id:salts:20170724173228j:image

スイーツ券でもらえるスイートポテト。

f:id:salts:20170724173241j:image

 噂の140円の芋ソフトクリーム。

 

f:id:salts:20170724173255j:image

クランベリー白樺通りのタルトポテト。

 

f:id:salts:20170724173313j:image

 たいやき工房の抹茶スペシャルと冷やしいちご。

スイーツ券では好きなたい焼きを1つ選べる。

 

f:id:salts:20170724173329j:image

トスカチーナ柳月のトスカチーナトカチョ。
チョコ生地に小豆とマロンを練り込んだお菓子。

 

 

f:id:salts:20170724173359j:image

 ばんえい競馬場。

非開催の時は競馬はやってないが、物産館や資料館、馬の見学は可能。

 

f:id:salts:20170724173416j:image

 じっっっっっくり見てきた。

 競馬に限らず世界の馬の歴史も学べるので馬好きにはオススメできる。

 

f:id:salts:20170724173436j:image 

 

f:id:salts:20170724173459j:image

競馬場内のちっちゃい スコーン。

 

 

f:id:salts:20170724173518j:image 

 銀匙は帯広が舞台やったんね。

十勝地方とは知ってたけど、十勝がどこなのかを知らずにきてしまった。

 

f:id:salts:20170724173624j:image

これが優勝。

 競馬場のミリオンサンテのスモアというスイーツ。

アイスクリームにマシュマロとジャム。

 

 

f:id:salts:20170724173545j:image

ドルチェ デラ カーサのほっくりかぼちゃ。
栗ペースト入り、凍ってる。言って欲しかった・・・

 

f:id:salts:20170724173606j:image

 十勝トテッポ工房のフロマージュ
小さいが満足感がある。

 

 

f:id:salts:20170727171047j:image

 十勝野スイーツのミニソフト。
カップに入っているだけで、量はノーマルサイズ。

 

 

f:id:salts:20170724173702j:image

 スイーツ巡り券関係ないが六花亭に来て見た。

 

f:id:salts:20170724173720j:image

 サクサクパイ

中のクリームが美味すぎて死ぬ。

 

f:id:salts:20170724173734j:image

 「十勝帯広発」。
パイにラズベリークリームとホワイトチョコがサンドされてる。

六花亭で10回くらい死ねそうだな。

 

コーヒー飲み放題なので時間をつぶせる。

 

f:id:salts:20170724173808j:image 

とん田の豚丼

夕方で並ばずに入ることができた。

まあ、うまいんだけど、期待したほどではなかった。

 

 

 ・

食い過ぎだと思うの・・・。

 

 

 

f:id:salts:20170727204946j:image

 夜になって、大阪さんは帰って来たが、愛媛さんはまだいなかった。どうやら帯広に来るつもりではいるが、雨が降ってるからいつになるかわからないと。

 

奈良さんの提案で、愛媛さんが帰ってくるまでメシを作って、ついでに酒でも飲みながら待っていよう、ということになった。

 

本降りになる前に、愛媛さんが無事帰って来た。

 メシも、俺たちも出来上がっていたが、改めて乾杯した。

 

その後はポーカーをしつつ、夜は更けて行った。

 

 

 

 ヤドカリの家〜音更町〜帯広でダラダラ〜ヤドカリ

 

本日の記録
走行距離:35km
出費:5227円

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村 ←面白かったら押してってくださいな ほれポチッとな

旅58日目 それでも人ですか?

f:id:salts:20170723161033j:image

Twitterを見てると、なんか、けっこう、日本一周してる人っているんだな・・・。

それに、オタクが多い気がする・・・。いや、Twitterだからか。FBは一般寄り、インスタはリア向けだろう。それにしたって多すぎないか。

 

俺は西日本回ってきてTwitterを再開したわけだけど、こう、みんなの馴れ合いを見ると、こう、日本一周ってのはもっとストイックに行くもんじゃあない、のか・・・?

確かに、昔とは違ってネットどころか携帯端末とSNSの普及で、多様性が生まれてるとは思うが・・・。

SNSで知り合った人とは仲良くしたい、でも俺の中にあった日本一周像というのと、少し違っている・・・。

 

このころ、俺は俺のやってきていることが、わからなくなってきていた。

 

 

 

道の駅厚岸グルメパーク〜R44〜釧路市〜R44〜帯広市ライダーハウスヤドカリの宿

 

たぶん、20代中盤より下は、よほどコアなオタクじゃない限り、タイトルの元ネタ知らないんじゃないだろうか。

 

f:id:salts:20170723161340j:image

テント禁止で、シュラフだけで寝たわけだけど、フツーにグッスリ寝られた・・・。

 

そんな姿を見てどう思ったのかは知らないが、千葉は松戸から来たおっちゃんから、カップ麺とOD缶のガスストーブ(調理用)をいただいた。

さすがに、高価なものなんで何度も断ったが、おっちゃんの勢いに負けてしまった。

また松戸に来た時は、連絡くれよって、うん。覚えときます。ありがとうございます。

 

f:id:salts:20170723161230j:image

というわけでまずは釧路、それから帯広を目指す。

昨日、霧多布のセイコマで大阪のライダーさんから聞いた話では、あの奈良のライダーさんが帯広のヤドカリというところに行ったそうだ。

何泊か観光していくみたいだと。

 

帯広・・・厚岸からなら、約170km。

ライダーハウスのチェックインの時間からから計算して・・・日中の射程距離圏内だな。

 

帯広には元から何日も滞在するつもりでいた。他の日本一周の方がブログに書いている帯広は、とても娯楽の多そうな街と感じていた。

ばんえい、スイーツめぐり、ジンギスカン・・・。

そこに、共に楽しめる仲間がいたら、それはとても素晴らしいことじゃないか。

 

f:id:salts:20170724171818j:image

f:id:salts:20170724171846j:image 

 この日は昼間のうちに、何とか帯広に着こうと必死だったので、道中の景色なんかほとんど覚えていない。

それでも釧路の街は、今まで訪れた北海道の街の中でも、とても大きいように見えて、印象的だった。

路側帯が狭くって、歩道を走っていたせいでリアキャリアのネジが緩みまくるのは勘弁してもらいたいが。

 

f:id:salts:20170724171918j:image

 国道38号線で、やや内陸の帯広へ向かう。

やや、と書いたが帯広は十分内陸だ。

北海道にいると地図の縮尺がよくわからなくなってくる。

 

f:id:salts:20170725185807j:image

 補給にと寄ったローソンで、なんとハーレー愛媛さんと遭遇する。

この人たち俺に発信器でも付けてるんじゃねーの?

「いやあ、大たかしくん、僕らに発信器付けてるんじゃない?」

 

逆や逆やーバイクに発信器付けても追いつけんやろーこやつめハハハー

 

愛媛さん、これから帯広より内陸の、何とかっていう高原へ向かうみたい。

時間が合えば帯広来るって。やっぴー。

しかしこんなことがあり得るのかね。ほんとに発信器付けられてたりして。

 

納沙布岬でもらった食料があったな・・・まさかな。

 

f:id:salts:20170725221711j:image

海沿いに出た。太平洋に面してるからか、風があたたかい。気候の違いだろうか。

 

そして今度は大阪さんに抜かされた。発信器どこだ!!

「大たかしくん早いね!もう抜かしたか思てたわ」

(^^;)

最終的に帯広へ向かうようですよ・・・

 

 

f:id:salts:20170724171933j:image

恋tうっせーブッチャーぶっころす!

 

f:id:salts:20170724171955j:image 

噂の乳神神社だ

ふん  おれに  さんハ°イ  させたい  の  なら  しりか”み  し”んし”ゃ  て”も  もって  くるんた”な ・・・

f:id:salts:20170724172026j:image

 

f:id:salts:20170724172134j:image

帯広着。なんか恋だかおっぱいだかケツだのの夢を見ていたような気がする。

 

f:id:salts:20170724172114j:image

さらに着いた。中からイビキが聞こえるけど多分奈良さんだ。

他に、中に誰もいませんよ

 

奈良さんが起きてきた。

「おう、たかしくんやないか。受付?もうちょいしたらオーナー起きてくるやろ。中入らん?」

あ、もう大じゃなくてたかしになったんですか、俺?昇格ですか?

 

その後、大阪さん、愛媛さんと順に合流する。

大阪さんの「いやあ、愛国と幸福駅行ってきてんけど、愛国神社参ろ思て、そもそも俺そんな愛国心なかって」は名言。

 

その後、ぞろぞろとライダーハウスの住人(?)が帰宅する。

何でも、ここのオーナーが仕事を斡旋してくれるから、路銀が足りないヤツはここで貯めてから他の場所へうつるそうな。

まさにヤドカリだな。

 

f:id:salts:20170724172442j:image 

仕事から帰ってきたRくんらと風呂に行く。

みんなでサイクリングだ。

 f:id:salts:20170725223933j:image

楽しい。

愛媛さんママチャリで10分も漕いでないのに死にそうになってる。

イケメンなんだけどjkについて熱く語ってるし、色々残念だなこの人・・・。

 f:id:salts:20170726210910j:image

その後クリオネ組でライダーハウス横の焼肉屋へ。

俺はもうたかしの呼び名で定着してしまった。

 

f:id:salts:20170724172546j:image

ラム肉。あの鍋じゃなくて、ここは普通に網で焼くみたい。

大阪さんは酒とタバコと羊肉の臭いがダメらしい。

いちいち可愛いなこの人。

 

何か知らんがおごってもらった。

ウェーイ(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎あざーす

 

 

ラム肉うまい。

さっきからFXで金溶けた話ばっかしてるこの人たち。だいじょぶか?

 

 

本日の記録
走行距離:170km
出費:2959円

 

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村 ←面白かったら押してってくださいな ほれポチッとな